小児科
流行する病気
よくある病気・その他
ワクチンについて

ワクチン(予防接種)は、自然に感染すると障害を残したり、命を落としたりする可能性のある病気に対して、前もってワクチン(注射や飲むシロップなどがあります)をすることで、かかりにくくしたり、かかっても軽くすむようにするものです。ワクチンによって熱が出たり、腫(は)れたりすることもあり、それらを有害事象(ゆうがいじしょう)と呼びますが、自然にかかって起こる有害な症状よりもはるかに小さなものばかりです。ワクチンによって予防できる病気から子どもを守ることは親の大切な役目だという考え方にとどまらず、海外ではワクチンを済ませておくことが入学の条件として挙げられています。ぜひ必要なワクチンは、必要とされる時期に済ませてあげましょう。
ワクチンには以下の表のように、定期接種と任意接種があります。

小児科/受付時間

曜日
午前
午後

9:00

-12:00

15:00

-18:30

9:00

-12:00

15:00

-18:30

9:00

-12:00

15:00

-18:30

9:00

-12:00

休診

9:00

-12:00

15:00

-18:30

9:00

-12:00

乳児健診
(予約制)
  • 予防接種・乳児健診は予約制です。

ひふ科/受付時間

曜日
午前
午後

9:00

-12:00

15:00

-17:00

9:00

-12:00

15:00

-17:00

休診
休診

9:00

-12:00

休診

9:00

-12:00

15:00

-17:00


(第2・4)

9:00

-12:00

休診
  • 土曜日の診療につきましては変更の場合もございますので、事前にご確認をお願いいたします。
KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう