流行する病気

感染性胃腸炎(嘔吐下痢症)とは

原因はいろいろですが、大きく分けて、ウイルス性と細菌性に分かれます。ウイルス性胃腸炎は冬場に多いですが、春から初夏、夏から秋に流行するものもあります。細菌性胃腸炎は、カンピロバクター、サルモネラ、腸炎ビブリオなどの細菌が原因になり、特に夏場に、食中毒など引き起こします。

症状

嘔吐・下痢などの胃腸症状が主症状で、熱も伴うこともあります。

治療

下のような水分補給・食事療法のほかに、吐き気止め・整腸剤・下痢止め、場合によっては抗生剤を使うこともあります。

吐き気止めについて

吐き気が強く水分を少量とっても吐く場合に使います。吐き気止めの坐薬や内服薬を使用したら1時間半位で効果が出てきます。吐き気がおさまってから水分(OS-1・ アクアライト・ほうじ茶・白湯等)を少しずつとるようにしてください。副作用として頭痛、めまい、眠気、不安・興奮や、錐体外路症状(手が震える、体が固い、動きが遅い、よだれが出る、勝手に目が上を向く)などもあるため、続けて使う場合は6時間くらいは間隔をあけて、使いすぎないようにしましょう。
漢方薬が使われることもあります。

家庭での看護

水分(OS-1やアクアライト等がおすすめ)を最初の1時間は、体重1kgあたり10ccになるように、5分ごとに12回に分けて飲ませてください。
(たとえば、体重12kgの場合は、1時間に120ccを目標に1回量10ccずつを5分ごとに12回の飲ませることになります。)うまく飲めたら次の1時間(可能なら2時間)は、1回量を3倍に増やして、15分ごとに飲ませてください。(体重12kgなら1回量30ccずつを15分ごとに4回の飲ませることになります。)

最初の1時間の目標1回量間隔回数
体重(kg)×10cc12分の15分12
体重6kgなら60cc5cc5分12
体重12kgなら120cc10cc5分12
体重24kgなら240cc20cc5分12
体重36kgなら360cc30cc5分12

途中で嘔吐した場合は、水分を与えるのを一定時間(吐き気止めを使ってみて、1時間半、吐き気止めがなければ、2~3時間)止めた後に再開しましょう。
15分ごとに嘔吐なく2時間飲めるなら休んでもよいし、欲しがるだけ飲んでも構いません。食欲が出てくれば、下記の献立に従って再開しましょう。

下痢の時の献立

水下痢の時水下痢の時は最初は離乳食は一時中止し、食欲に応じて加減しましょう。具体的な献立はページ下部の下痢の時の食事療法を参考にしてください。
ドロドロ便の時
軟らかい便の時
避けたい食品イオン飲料以外の清涼飲料水、薄めないフルーツ・ジュース(果汁100%ジュース)、カフェイン飲料、甘味の強いゼリー、おやつ・チョコレート類、シリアルなど糖分の多い食品、脂肪の多い食品、芋・ごぼう・海草類など繊維を多量に含んだ食品、乳製品(アイスクリーム・牛乳・プリン・ヨーグルト等)、肉類

次回受診のタイミング

至急受診(夜は夜間急病センターなど)

意識がはっきりしない(強くつねってもはっきりしない)(2)けいれん(3)持続する高熱・嘔吐・頭痛・頚部硬直(首を前屈できない)(4)血便とともに強い腹痛が続く

早めに受診(夜なら翌朝早めに受診)

水分を摂れず顔色が悪く、尿が半日以上でなくて、ぐったりしている場合(2)一日以上嘔吐を繰り返している(3)肌が乾燥して汗をかかない。顔色が青白い。唇や舌が乾いて、尿が少ない

様子を見て受診

下痢嘔吐に対する「治療」「食事療法」を続けて様子を見る(2)下痢・嘔吐はあるが、『至急受診』『早めに受診』の症状がない場合

薬がなくなったら受診

薬がなくなっても、下痢が続く場合

下痢の時の食事療法

ポイント

  • 下痢によって水分とともにナトリウム・カリウムなどのミネラル類も失われます。湯冷まし・麦茶・野菜スープ・りんご果汁・赤ちゃん用イオン飲料などで頻繁に補給を。温度は室温か人肌で。
  • 食欲があれば便が固まりやすくて消化吸収も良いでんぷんを中心に与えて。重湯やおかゆは水分と塩分の吸収を助け、脱水症の予防と治療にも効果があります。
  • りんごやにんじんに多く含まれるペクチンはでんぷん質食品と組み合わせると下痢に効果的。ただし、こした絞り汁は効きません。すりおろして利用すると効果が高くなります。
  • 食事制限が長引くと、腸粘膜がやせ衰え、下痢ばかりか全体の回復も遅れます。食欲が出たら、栄養補給を心がけて。消化吸収のいい穀類に白身魚・豆腐などの良質の蛋白質食品、刺激の少ない野菜を加え、速やかにもとの食事に戻して。

献立

  献立 作り方
水下痢の時 重湯 米1に対して水8~10で炊き、うわずみを食べる。
りんごのくず煮 りんごのすりおろし大さじ1/2片栗粉小さじ1/4 片栗粉を水大さじ2で溶き、電子レンジで30秒ほど加熱してよく混ぜ、りんごを加えてさらによく混ぜる。
いもがゆ おかゆ大さじ2 ジャガイモ1/2個 ジャガイモをやわらかくゆでてマッシュし、おかゆを混ぜ、湯少々でのばす。
豆腐とかぶの
スープ
かぶ1/4個は適当にきり、ひたひたのだし汁で煮て、やわらかくなったら絹ごし豆腐小さじ1を加え、味噌少々を溶かしいれて薄味をつけ、火を通す。かぶ・豆腐・味噌をすりつぶす。
裏ごし野菜 にんじん・ジャガイモ・小松菜の先など合わせて10g 塩または醤油少々
ドロドロ便の時 10倍がゆ 米1に対して水10で炊いたおかゆ
うどんの卵とじ ゆでうどん2~3本は細かく切り、ひたひたのだし汁で煮る。ゆでて細かく切ったほうれん草の葉1株分を加える。味噌小さじ1/2を溶かしいれて、ほぐした卵黄1/2個分をまわしいれ、火を通す。
りんご入り
パンがゆ
耳を切った食パン1/6~1/4枚は細かくちぎり、すりおろしたりんご1/4個分を混ぜ合わせ水分を吸わせる。水分が足りなければ湯冷まし少々を足す。
豆腐
ほうれん草ソース
絹ごし豆腐30g ほうれん草の葉先 だし汁大さじ1弱
うどんのくたくた煮 ゆでうどん 1/6玉(5~7mm切) 魚すり身少々 裏ごし野菜 鳥のささ身
軟便の時 七倍がゆ 米1に対して水7で炊いたおかゆ
魚のおろし煮 白身魚25g 大根30g だし汁大さじ1/2 砂糖・醤油少々
りんご入り
マッシュポテト
ゆでたジャガイモ1/4個はざっとつぶしすりおろしたりんご1/4個分を加えて混ぜる。
煮込みそうめん ゆでて細かく切ったそうめん大さじ3~4杯分とみじん切りにしたにんじん・たまねぎ各小さじ1杯分をだし汁1/2カップで煮る。白身魚1/6切れを加え、魚に火が通ったら取り出してほぐす。醤油小さじ1/3で薄味をつけ、水溶き片栗粉適量でとろみをつけて、魚を戻す。
ロタウイルス胃腸炎

ロタウイルスに感染しておこる胃腸炎で、ほとんどの乳幼児が一度はかかります。冬から春にかけて流行します。
ロタウイルス胃腸炎の主な症状は嘔吐と下痢ですが、他のウイルスによる感染性胃腸炎(→感染性胃腸炎)に比べると、症状が急激に進行したり長引いたりして、入院が必要になることがあります。入院になる場合の3割が0歳児、4割が1歳児です。まれに、けいれんや脳炎・脳症・腎不全などの重い合併症を起こすこともあります。
以下の症状がある場合は、急いで医療機関を受診しましょう。

  • 眼、ほほの陥没
  • 指先の血のめぐりが悪い
  • 嘔吐が1日以上続く
  • 尿が半日以上出ない
  • 1日以上ぐったりしている
  • 口の中や舌の乾燥
  • 泣いても涙が出ない
  • 意識もうろう、けいれん、脳炎・脳症
  • 腎不全(尿が出ない)、腎結石(強くお腹を痛がる)

ロタウイルスワクチン


小児科/受付時間

曜日
午前
午後

9:00

-12:00

15:00

-18:30

9:00

-12:00

15:00

-18:30

9:00

-12:00

15:00

-18:30

9:00

-12:00

休診

9:00

-12:00

15:00

-18:30

9:00

-12:00

乳児健診
(予約制)
  • 予防接種・乳児健診は予約制です。

ひふ科/受付時間

曜日
午前
午後

9:00

-12:00

15:00

-17:00

9:00

-12:00

15:00

-17:00

休診
休診

9:00

-12:00

休診

9:00

-12:00

15:00

-17:00


(第2・4)

9:00

-12:00

休診
  • 土曜日の診療につきましては変更の場合もございますので、事前にご確認をお願いいたします。
KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう