よくみるひふ病

「にきび」について

思春期になりホルモンの働きが盛んになると、皮脂の分泌を増加させます。この時期に毛穴が角質によってふさがれると、出口を失った皮脂が毛穴の中にたまります。
そこに、にきび菌が繁殖して炎症を起こし、「にきび」を作ります。
20歳以降の「にきび」では、化粧品が原因のことがあります。

治療は?

  1. 飲み薬を使用する。
    にきび菌に有効な抗生物質、また長引く場合には漢方薬を使います。
  2. つけ薬をつける。
    にきび菌に有効な抗生物質やレチノイドを使います。
  3. ケミカルピーリング他
    治りが悪かったり、にきびあとの気になる場合に行います。(美容メニュー参照

「にきび」そのものの治療と、「にきびあと」の治療に分けて、目的にあった治療を選びます。

ポイント

  1. 使用中の石鹸や化粧品の見直しを行います。
  2. 手で、にきびをつぶしたりいじらないこと。あとが残りやすくなります。

小児科/受付時間

曜日
午前
午後

9:00

-12:00

15:00

-18:30

9:00

-12:00

15:00

-18:30

9:00

-12:00

15:00

-18:30

9:00

-12:00

休診

9:00

-12:00

15:00

-18:30

9:00

-12:00

乳児健診
(予約制)
  • 予防接種・乳児健診は予約制です。

ひふ科/受付時間

曜日
午前
午後

9:00

-12:00

15:00

-17:00

9:00

-12:00

15:00

-17:00

休診
休診

9:00

-12:00

休診

9:00

-12:00

15:00

-17:00


(第2・4)

9:00

-12:00

休診
  • 土曜日の診療につきましては変更の場合もございますので、事前にご確認をお願いいたします。
KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう