よくみるひふ病

「いぼ」について

「いぼ」は、ヒトパピローマウィルスが皮膚に感染しておこる皮膚病です。小さな傷から皮膚内に侵入して、感染が起こります。
皮膚の色をした直径2ミリから1センチメートルくらいまでの、固い盛り上がりです。
どこの部位でも感染しますが、特に手や足の裏に多くみられます。

治療は?

  1. 液体窒素をあてる。
    2週間に一度通院してください。痛みを伴います。
  2. 飲み薬を使用する。
    ヨクイニンエキスを内服します。
  3. つけ薬をつける。
    症状によってつけ薬を選びます。

いずれにしましても、治癒までにかかる時間は長いこと(特に足の裏のいぼ)が多いので根気よく治療することが大切です。(2~6ヶ月)

ポイント

いくつかの治療法を組み合わせて治療する。
手で、いぼをいじらないこと。拡がることがあります。


小児科/受付時間

曜日
午前
午後

9:00

-12:00

15:00

-18:30

9:00

-12:00

15:00

-18:30

9:00

-12:00

15:00

-18:30

9:00

-12:00

休診

9:00

-12:00

15:00

-18:30

9:00

-12:00

乳児健診
(予約制)
  • 予防接種・乳児健診は予約制です。

ひふ科/受付時間

曜日
午前
午後

9:00

-12:00

15:00

-17:00

9:00

-12:00

15:00

-17:00

休診
休診

9:00

-12:00

休診

9:00

-12:00

15:00

-17:00


(第2・4)

9:00

-12:00

休診
  • 土曜日の診療につきましては変更の場合もございますので、事前にご確認をお願いいたします。
KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう